期間工から正社員へなるには

期間工で働くときに案外知られていないのが、正社員登用についてです。正社員登用は期間工として働いたとき、その働きが認められ、正社員としてその会社に雇われるようになることです。


おおよそ1年間働くと、期間工の人でも正社員になるチャンスが与えられます。基本的には上司の人に推薦され、それから普段の働きぶりや、簡単な試験を通して正社員へとなることができます。

スバルの期間工についての意見を伺いました。

大企業の工場ならば、非常に狭き門でしょうが、試してみる価値はあります。


期間工として働くのは、若いうちは手取りも多くメリットも多いですが、30代に突入すると徐々にデメリットが出てきます。
特に3年ごとの契約では、景気次第で次の更新をされない場合もあります。

ビジネスジャーナルの情報を公開しています。

正社員ならば、安定して働くことができ、安定した収入を見込めるのでとても魅力的です。

最近では法律も整備され、以前よりも正社員登用の幅も広がってきています。


そのため、途中から正社員になろうという人も増えており、少しずつですが市社員登用人数も増加傾向にあります。
試験があるので抵抗があるという日tもいるでしょうが、簡単な試験がほとんどで、面接が中心の場合も多いようです。

基本的には日常の勤務態度などから評価されることが多く、チャンスがあったら是非受けてみると良いでしょう。



基本的には期間工は3年ごとの契約社員です。

その生活に不安があるのなら、正社員登用の制度を利用してステップアップしてみるのも一つの手でしょう。